カンボジア人技能実習生の特徴とは?

subpage01

カンボジアは人口約1500万人の国で、人口のほとんどが熱心な仏教徒として知られています。

カンボジアの技能実習生情報全般について知りたい方のお手伝いをします。

勤勉かつ誠実な国民性を持っている点や年上の人に敬意を払う心を持っている点などは日本と通じるものがあります。



カンボジアから見て日本は世界最大の援助国であるため、日本の企業や工場に憧れを抱く若者が数多くいてその多くがいつかは日本へ行って働いてみたいという考えを持っています。

こうしたことから既に技能実習生として来日して実際に働いているカンボジア人は非常に真面目で仕事熱心であると他の国の技能実習生と比べて評価が高いのです。技能実習生は先進国において実際の企業で働くことによりレベルの高い技術や知識を取得して次世代の人材を育成するための制度ですが、先進国の企業にはまだ十分に認知されていないという側面もあります。



技能実習制度の仕組みやそれぞれの国や人々の日本語レベルの把握、技能実習生を受け入れる際の費用など企業側の受入に対する体制が十分でないケースも多々ありますが、そのような企業に対して技能実習生の現地での募集から適性検査、面接、教育、日本への送り出しまで一手に引き受けている機関も存在します。
年々減少していく生産人口を考慮した労働力の確保に苦心している日本の企業と、日本で学んで技術や知識を取得したいと考えているカンボジアの若者たちの利害が一致してお互いの国にとって良い影響を与えるきっかけになる可能性があるのが技能実習制度なのです。