カンボジアからの技能実習生の受け入れ

main-img

いつの時代でも、社会的な問題は必ず存在しており、その問題を乗り越えながら国は存続しています。

カンボジアの技能実習生情報ならこちらをご利用ください。

国民一人一人に対する影響はさまざまありますが、そのほとんどが生活の質を左右するものです。

それは、経済的な問題が必ず潜んでいるからに他なりません。

現在の日本の大きな社会問題は、少子高齢化社会が進んでいることにあります。経済を活発化させるためには、人の力が必要です。しかし、少子化が進んだ影響から、現在は働き手が不足しており、日本経済の担い手が足りていないのです。その不足を補うひとつの方法が、海外からの人材の登用です。



一昔前までは、中国人の技能実習生を受け入れて補填していましたが、中国の経済が発展したことにより、優秀な人材は母国の良い企業に就職する動きが強くなりました。


その後、ベトナムからの技能実習生を受け入れるようになりましたが、ベトナムの人材も今では限界が近づいています。



そこで現在、中国やベトナムに代わる技能実習生の受け入れが活発になり始めているのは、カンボジアです。カンボジアは、働き盛りの20代の若い世代が、カンボジアの人口比率の中で最大化しています。

カンボジアは発展の兆しが見えている国ではありますが、まだ成熟していないため、海外で仕事をしたいと考える人がたくさんいるのです。

このような状況が日本の働き手の需要と噛み合い、現地で日本語や日本文化を研修した後、日本企業に売り込む動きが活発化しています。
今後は日本に、カンボジアからの技能実習生が増加していくことでしょう。

カンボジアの実習生のよく解る情報

subpage01

近年、日本において生産人口が減少していることが問題視されています。その対策として、生産人口が増加しているカンボジアで研修を受けた技能実習生を、日本へ派遣しする事業が注目されています。...

more

カンボジアの実習生の知識を増やす

subpage02

カンボジアは人口約1500万人の国で、人口のほとんどが熱心な仏教徒として知られています。勤勉かつ誠実な国民性を持っている点や年上の人に敬意を払う心を持っている点などは日本と通じるものがあります。...

more

カンボジアの実習生の身になる知識

subpage03

外国人技能実習制度とは、カンボジアなどの開発途上国の経済発展や産業振興のために、担い手となる人材を育成する為の制度です。技能実習生は先進国の進んだ技術や技能を修得することになり、本国に戻って産業や経済の発展に寄与することが期待されています。...

more

カンボジアの実習生の話

subpage04

技能実習生制度というものは、発展途上国等の若者を対象としているものです。その若者達に技能実習生として、先進国の進んだ技術を学んでもらった後、出身国や先進国でその知識を役立たせながら、活躍してもらうという制度のことです。...

more