カンボジアから日本へ 技能実習生

subpage01

近年、日本において生産人口が減少していることが問題視されています。


その対策として、生産人口が増加しているカンボジアで研修を受けた技能実習生を、日本へ派遣しする事業が注目されています。外国人技能実習生送り出し事業とよばれ、外国人研修制度により能力などの優れたカンボジア人を日本へ派遣しています。
カンボジアはベトナム、ラオス、タイに隣接しインドシナ半島に位置しています。

カンボジアの技能実習生が最近こちらで話題になりました。

日本と同じ仏教国で、価値観が似ているといわれています。まじめで素朴な国民性で、日本人と同じように勤勉であることが評価されています。
技能実習生制度とは、日本など先進国の技能、技術、知識を修得させて、一定期間先進国の産業界に受け入れて技能を修得してもらう仕組みです。発展途上国の経済発展を担う人材を育成することが目的で、かつ日本の労働力となります。


また日本にとっては国際的な貢献や協力などといった意味があります。


日本はカンボジアに多くの援助を行っています。


そして人々は日本に憧れを抱き、尊敬や信頼をよせています。高い技術や技能を身につけ、日本企業で働きたいという希望を持つ人々が多くいるのです。

日本へ派遣される前に日本の技術や技能、また日本語の研修を行います。



その後、様々な職種に合った技能実習生を日本の各地へ送り出します。


カンボジアの未来に向けての発展、人々の教育と雇用や技能の修得など。



また日本においての人材の確保にも貢献しています。