カンボジアの技能実習生送り出し機関

subpage01

外国人技能実習制度とは、カンボジアなどの開発途上国の経済発展や産業振興のために、担い手となる人材を育成する為の制度です。


技能実習生は先進国の進んだ技術や技能を修得することになり、本国に戻って産業や経済の発展に寄与することが期待されています。

諸外国の青壮年労働者を受け入れることで、当事国としても人材不足の解消の一環となります。
また、育った技能実習生が新たな後継者を紹介することもあるので、継続的に有力戦力として働いてもらえるわけです。


また、このような取り組みが国際協力の流れともなるので、国際平和にも貢献すると言えます。

技能実習生を受け入れる方式としては、企業単独型と団体監理型の2種類があります。

明日に役立つカンボジアの技能実習生情報のお得な利用法をお教えします。

前者は日本のサポート企業が行うもので、海外の現地法人や取引企業の職員等を受け入れて技能実習を実施します。
後者は商工会等、非営利団体が実施するもので、提携する企業などで実習を行います。カンボジアには、自国の政府認定の送り出し機関が揃っており、外国人技能実習制度に基づいて運営がなされています。


主にカンボジアの20〜29歳の若者を対象として、語学研修や技術教育、そして生活指導などを実施しています。



現地において集中的にレクチャーを受けることで、日本に来てから即戦力としても活躍できるわけです。



また、送り出し機関にはカンボジアの大学と提携している企業もあり、在学中の優秀な学生とコンタクトすることも可能になっています。

大学OBとも接触できるので、幅広い人材を確保できるわけです。