注目されているカンボジアの技能実習生

subpage01

技能実習生制度というものは、発展途上国等の若者を対象としているものです。その若者達に技能実習生として、先進国の進んだ技術を学んでもらった後、出身国や先進国でその知識を役立たせながら、活躍してもらうという制度のことです。
このような技能実習生が増えていくと、どのようなメリットがあるのでしょうか。

貧困でお金がなく、学校への進学率が低い国などは学識者が生まれることも少ないために、その国独自で技術を発展させることは困難になってきます。


しかし、技能実習生制度のようなものがあると、先進国から講師等が招かれ、若者達が進んだ技術を学ぶことができるのです。
先進国で雇用関係を結び、しっかりと労働関係法令に守られながら学ぶこともできます。どの国でもお金がないことで学校に行けないだけで、無限の可能性を持っている若者は多く存在しています。

注目のカンボジアの技能実習生が有名になってきました。

そのような若者に光りをあてることにもなるのです。

技能実習生たちは進んだ技術を学び、先進国で活躍したり、出身国へ帰国したりします。そうすると、家族に生活費をもたらしたり、学んだ知識を生かして出身国で事業を興すこともできるのです。

つまり、この制度は発展途上国が先進国へ成長する第一歩の手助けができるというメリットを持っているとも言えるのです。このなかでも今注目されているのが、カンボジアの若者です。



カンボジアの政府の大きなバックアップを受けながら、カンボジアの若者達が円滑に先進国の技術を学べるようにとシステムづくりをしている会社もあるくらいです。カンボジア以外の遠方の国でもこの制度が利用できるように、これからもシステムづくりを続けていく必要があるでしょう。


そのことで、世界全体に進んだ技術が行き渡り、人類の発展へとつながっていくのです。